お気に入りを並べる|松山油脂 ‐ 無添加せっけん,HACCI ‐ ブーケブランシャンプー&コンディショナー

お盆休みに入ると、近辺道路は一斉に渋滞が始まる。
だから出かける用事は一切作らない。
なので妙に時間がある。

昨日まで分単位で走り回っていたのに、時が止まったように余裕が出来た。
冷房を入れて読書三昧もいいかと思う前に、取り散らかした室内の片づけをしないと落ち着かない。
実はバーゲンで引出しを一つgetした。


我が家の引き出しは、必要なものがすぐには出てこない仕組みになっている。
つまり「パンパン」に入っている。
しかも、いつ使うか分からない文具品ばかり。

引出しを追加すれば余計なものを増やす結果に陥りがち。
今後の決め事として、それを防ぐために引き出しの一段目は空けておく。
そこに「取りあえず」を放り込む予定。
いっぱいになったら整理して捨てる。ないしはあるべきところに納める。

さて、どうなりますことか。
二段目以下の引き出しは普段使うことのない「二軍の器」を収めた。
今まで食器も狭い所に重ねられて、とても取り出しにくかった。
だから、使うのはいつも同じ器ばかり。
もう、どんな器を持っていたのか忘れているし、未だ木箱に入ったままの器も出てきた。

整理をしていたら、1枚目の写真、切子作家の吉田 博信さんの蛍のグラスが出てきた。
ジャストシーズンだもの。
久しぶりに日の目を当てよう。


この水差しは20年以上前に、白馬のKASUKE山荘で頂いたもの。
フランスのアンティークとお聞きしている。

 


片付けついでに思い出した。
いつもお勧めしたいと思いながら忘れていた「松山油脂株式会社」の石鹸。

以前は、内戦で大変な国シリアで作られる「アレッポの石鹸」を愛用していた。
その時の記事はこちらからどうぞ。
森の暮らしレシピ ‐ ホークスみよし|アレッポの石鹸 エキストラ40

釜炊きで100時間かけて作る石鹸とお聞きして興味を持ったのがきっかけだった。
川口湖畔の工場ショップにも行ってみた。
今では、入浴石鹸は松山油脂と限定するほど気に入っている。
写真は「ラベンダー」ですが、他に「ローズマリー、海藻末、米ぬか、薄荷(はっか)、無添加」と種類があります。


工場でついで買いしたMARKS&WEB「マッサージブラシ」
シリコン製だろうか、適度の弾力を持って柔らかい。
自分の指で洗うより数段使い良い、かといって洗いすぎるのは良くないらしいので軽くスーッと滑らせる。それだけでさっぱり気分は倍増した。海外旅行で長期になる時は持ち歩くほど気に入っている。

この商品にご興味のある方はこちらからどうぞ。
MARKS&WEB スカルプマッサージブラシ
ついでに言えばシャンプーも自分に合うのを探す方がいい。

以前は「贅沢だろうか。」と書いたこともある「ローズドマラケシュ」のクレイシャンプーを愛用していた。
その時の記事はこちらからどうぞ。HACCIの別の商品の紹介もあります。
THE LAUNDRESS ウールカシミアシャンプー|HACCI ケア商品|my favorite


と、ある日若い方から「HACCI」の洗顔せっけんやボディークリームを頂いた。
蜂蜜が匂って来るような滑らかな使い心地は夢のようだった。HACCIは聞いたこともないメーカーなので、他人様に頂かないとたどり着けなかっただろう。

石鹸も素晴らしかったけれど、やはり覚悟がいるほど高価なのでそのあたりは松山油脂と決めてシャンプーとトリートメントなら手が届く。
段々と薄くなりつつある、コシの無くなった私の髪を辛うじて保ってくれている。

ゆっくりブログを書くのも久しぶり。
時間があると、贅沢な気分になれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2017.12.10

あったかもの展|2017.12.15~20|月の山|滋賀

和迩の「月の山」さんで15日から始まる「あったかもの展」に「森っぽ」の津々木 洋江さんが「…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る