1月の庭仕事

1週間前に降った雪も消えて、庭の土が見え始めている。
土の表面を覆っているのは顔なじみの雑草ばかり。
朝の内に30分ほど歩いてウオーミングアップをしてから庭に出た。
シャベルを差し込むと南側の土はサラサラとしてすっかり水切れをしている。
宿根草が姿を消して、名札だけが残る庭で、アルケミラモリスだけは瑞々しい葉を広げて一回り大きくなっているような気がする。
地面にへばりつく雑草を次々と抜いていると、丸い双葉が沢山覗いている。
この双葉、新顔のような気がする。
もしかして、こぼれダネ?
こぼれダネなら福袋だわ。
もうしばらく様子を見よう。
久しぶりに太陽も顔を出し風もない日だったので2時間ほど草ぬきに精を出して、バラとクレマチスに肥料を足した。
昨年駆け巡ったオープンガーデンのお庭を思い出しながら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.24

切絵象嵌陶展 ‐ 宮崎まさのり|2018.6.14~18|ギャラリー象鯨|京都

宮崎まさのりさんはskogでお世話になったニット作家高橋とみえさんのお兄様です。 作品を…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る