庭仕事ー4

かんじる比良の本イベントは11月5,6日(土、日)  ホームページをご覧ください。
かんじる比良とは、琵琶湖と比良山系にはさまれ、人々のくらしと自然が融合した地、比良。
その地の歴史や文化、伝統を担って代々暮らし続けてきた者、ギャラリー、工房を構え創作活動をする者。
様々な人々が手を取り合って元気な比良を発信することを目的にしています。
skog     かんじる比良 企画展 11月3日~6日
かんじる比良主催 バチ ホリック和太鼓 ライブ
                           2011年11月4日 会場:木戸市民センター3F 大会議室
時間: 18 時30分開場 19時開演 入場料:500円
かんじる比良主催
 作家展11月4日~6日
            開場10時~17時 大津市北比良1039-133
比良麓の会自治会館 森の家
鉄工房の本郷先生がスペイン旅行中という事で明日から3日間、家人は工房の先生代行を申し付かった。
先生代行と言うより、工房の管理人と言うところだろう。
この3日間、久しぶりに鉄三昧で過ごせるのも気分転換になるらしく、家人の機嫌は上々だ。
今日は、トレリスを仕上げるべく早朝より取り掛かった。
昼過ぎには何とか形が出来た。

タイミングを計ったように、近所の庭友さんがやって来た。
家人は頑張る姿を激励してもらって、まんざらでもなさそう。
一通り庭を見終わると、部屋に入ってtea time
「実はねーー、思いがけない工事をしてくれてさアー」と、私が言えば
「早々、傍を離れるととんでもない事するよねえー」と相槌がくる。
そのお宅もお庭改造中、ご主人様が一人でコツコツと作業中。
そこを抜け出して来ている。
「アーーどうしてこんなにセンスが悪いんだろう」と悪態をつきながら顔はまんざらでもない。
3日間、庭から大きな音が消えて、ご近所もホッとされるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.1.15

漆・立体「女神の痕跡」 ‐ 田中 智子|2018.1.20~26|ギャラリー佑英 ‐ 大阪

田中 智子さんから個展のお知らせを頂いた。 智子さんはskogを設計して頂いた(株)at…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る