展覧会の準備|Gallery Takuto改装

「紡ぐ・織る・編む・縫う仕事展」は、10月27日からです。

森っぽ」の展覧会の打ち合わせで午後からGallery Takutoさんに伺いました。
何でも起用に作ってしまうtakutoさんから「展示するのに必要なものがあれば作りますから」と有難いお申し出があって、早速全員で『展示リハーサル』となりました。
takutoさんは、1階に美しい部屋を準備して下さいました。(トップ写真)
中央は石の壁がアクセントになり、暖炉が組み込まれています。
湖畔の優雅な別荘の部屋に作家さん方のテンションは上がりっぱなし。


入口から正面の方向です。
今日は未だ作品が入っていませんが、ここに暖かモノの作品が並ぶと、さぞかし華やかな空間になるでしょう。
正面には未だ葡萄の房が残っています。
葡萄の葉っぱは夢があって、そこにあるだけで目が喜びます。
勿論葡萄の房はその倍以上好きです。

 

今回のご紹介作品は「高橋 とみえ」さんの子供セーターです。


猫がセーターいっぱいに描かれています。


編んでいる途中の写真です。
カメラの違いでセーターのカラーが違って見えますが、最初の2枚のカラーが現物に近いです。
1枚に広げると迫力ありますね。4~5才用です。

昨日のブログで聞いておきますと書きました仁谷さんのセーターは『かのこ編み』です。
DMにも掲載しています。

 


展示リハーサルが終わって、takutoさんに美味しい葡萄をご馳走になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2017.10.18

津々木 洋江さんとの出会い|紡ぐ・織る・編む・縫う仕事展

津々木 洋江さんとは、2009年4月の「春色衣点・晴れやかに装う」からのお付き合いになる。…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る