しまいの月の贈り物-2日目-2

参加作家 本間 明子さんのHP→
本間 明子  雪の降る村  フェルト作品

今日の天候はどうなるのかと、とても心配をしました。
心配をよそに比良の空は明るく、太陽の日差しで薪ストーブの出番はありませんでした。
おなじみの方々のご来廊で夕方まで楽しく愉快な声がskogに響きました。

2011年3月11日のすぐ後、18日にskogの一年の初めの企画展を開催した時の事。
突然大雪になりました。
skogの前の坂道の雪をかき、ガレージの除雪をしました。
そんな日は一日冬ごもりと思っていましたが、湖南市からSさんが「こんな日こそ来なければ・・」とわざわざお越し下さった日の事は忘れられません。
一日中、来合わせた数名のお客様と東日本の震災の心配をしながら過ごしました。
雪が降りそうになるといつもあの日の事を思い出すのです。
DSC_3362.JPG
榎本 レイ子作
今まで見たこともない斬新なデザインのセーター
試着すると、スタイルが良く見えました。

201412dm

しまいの月の贈り物

期間 2014.12/12(Fri)-12/16(Tue)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2017.10.16

紡ぐ・織る・編む・縫う仕事展|陰の功労者はLINE?

2年ぶりのskogの作家による展覧会が10日後に迫った。 「森っぽ」のFacebookで…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る