日々-11

真冬並みの低気圧と言われていたけれど、ゴォーゴォーと唸りをあげて風が吹く。
雪はないけれど、半端なく冷たい空気。
昨日で企画展が終了していた事はなによりの安堵だった。
5日間作家さんは毎日来てくれて、お客様の多い時は一緒になっててんてこ舞いしてくれた。
そして、笑うは笑うは、箸が転んでもおかしい年頃ではなかろうと思うけれど、よく笑った。
5日間が早く過ぎた。
昨日は「明日もう一日やりたいねえ―」と言うほど楽しかった。

最終日に布作家の津々木さんが誕生日ケーキを持って現れた。
朝一番に来てついつい、最終までいました。
来合わせたお客様とも話の輪が広がって、ちょっとやそっとでは帰れないのがskog
今回は、しまいの月となったのでお客様が長ーくご滞在して下さったので、笑いが絶えなかったのかもしれません。
IMG_0557.JPG
しまいの月から初登場したクックムッシュやクロワッサン、果物のパイ等々。
5日間不眠不休で頑張った娘は今朝、げっそりと痩せていた。
数キロ(書くと叱られる)のダイエットだったとか。
私は11月に1kg落ちたんだけれど,げっそりとはいかなかった。
家人は風邪でげっそり。
おまけ写真 大阪堺市のロベリアさんの店内
IMG_0545.JPG
IMG_0549.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.23

夏の装い展 – 宮田 幹|2018.6.8~12|ながらの座・座|滋賀

宮田 幹さんは、skogの初期に大変お世話になった作家さんです。 私がskogを閉廊する…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る