見えないものへの畏れ

今回の企画展はskogの企画展としては異色だっただけにskogのお客様の中には当惑された方も多かった事と思います。
私も鯉の写真展、リーディング、天然石、鯉のイメージのランチはどういう展開になるのか予測も出来ませんでした。
会期中全国から沢山の方が湖西の田舎まで足を運ばれました。
それは「見えないものへの畏れ」であったり、自分の生き方が間違ってはいないということの確認のためのものだったり、理由は様々ですが社会の中でストレスにさらされEMYさんのリーディングに癒しを求めている事は共通していました。
テレビでは霊能者と言う方が沢山出演される時代になりました。
身体の病院と共に心の病院があるように魂の病院を求める。
そんな時代なのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • meiminn
    • 2007年 9月 08日

    こんばんわ~、大変大変お世話になりました。
    すごく楽しい素敵な5日間をありがとうございました。
    私は台風とともに仙台へ無事到着しました!(笑)
    今度はまったりお茶をしにおじゃましま~す☆

    • skog
    • 2007年 9月 08日

    meiminnさん
    お疲れ様でした。
    台風直撃の東京から台風を追い越して仙台までの一人旅でしたね。
    無事に帰られてホッとしています。
    まったりとお茶をして下さいと言いたいところですが、いくらなんでも仙台からは遠いですね。
    大阪、京都にお越しの節はお待ちしていますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.23

夏の装い展 – 宮田 幹|2018.6.8~12|ながらの座・座|滋賀

宮田 幹さんは、skogの初期に大変お世話になった作家さんです。 私がskogを閉廊する…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る