しまいの月の贈り物ー4

企画展の開催中は夢中で過ごします。
夜お風呂で「水滸伝」を読む時は普段にない満足感につつまれます。
仕事をしていなければこれに代わる充実感はどう求めていたのかと思いつきません。
企画時はどうなる事かと心配し、初日前夜は眠れないもの。
それが企画展の行事のようなものです。
作家さんたちは搬入前夜に爆睡するそうです。
長い期間準備をしやっと間に合ったと安心するのでしょう。
私は搬入前夜になにげになべ磨きを始めて、かなりの汚れが落ちてなべが輝き始めると一心不乱に磨いていました。
それで肩の荷が下りたようです。
いつの間にか身に着けたストレス回避方ですね。

200712

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.22

6月は雨模様展|2018.6.15~18|SUNNY FOREST|京都

森っぽの庵原久美子さん、津々木洋江さん、田中文子さんが宇治市のSUNNY FORESTで3…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る