10月の展覧会に向けて準備開始|skog企画展

10月27日からskog企画で再び、展覧会を開催する予定です。
会場は5月に「木と布と針 展」が開催されたGallery Takutoさんです。
今日は、その準備でskogの作家さん達が久しぶりに我が家に集まった。
暑い時に冬物の準備をするのは大変だけれど、真逆の季節のものを創るのは仕方がない。
それがプロだもの。


まずは、腹ごしらえ。話はそれから。
何度も展覧会を一緒にしているお仲間だけに、要領は心得たもの。
10月の作家さん達は「森っぽ」と言う名前を付けたグループを作り、今後は「森っぽ展」を発展させていく計画がある。


松山さんが織り上げたカシミアのブランケットが素敵な色に仕上がっていた。
寒い時は、本当に重宝する。
我が家はそれぞれ1枚づつ以上持っているけれど、見るとまた欲しくなる優れもの。
トップ写真も、松山さんのマフラー。
今回は優しい色が多いようだ。
作家さん仲間に「凄く明るくなってきたね。作品もあなたも。」と褒められていた。

撮影に時間をかけたので、追々作品をご紹介していこうと思っている。
10月の展覧会までに2ヵ月の余裕はない。
あっという間に展覧会は始まってしまう。

10月27日(金)~31日(火)の5日間です。
どうぞ、早めにカレンダーに記しをつけて、予定を空けておいて下さいませ。


今日の空は、すっかり秋の空。
8月の内にこの空を見るのは何年ぶりだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.1.15

漆・立体「女神の痕跡」 ‐ 田中 智子|2018.1.20~26|ギャラリー佑英 ‐ 大阪

田中 智子さんから個展のお知らせを頂いた。 智子さんはskogを設計して頂いた(株)at…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る