木と布と針

skogで活躍して下さった、帽子の布布さんと洋服・雑貨のお針子箱さん木工屋takutoさんの3人展です。

skogの作家さんたちで立ち上げた「森っぽ」のFacebookkも毎日更新しています。
パソコンやスマホを駆使してFBをUPしたり、LINEグループを作って連絡し合ったり、作家さん達の情熱の熱さに圧倒されています。

今回は木工屋takutoが自力で造られた琵琶湖畔の建物をお借りしての開催です。
takutoさんの作品は、ご自身で「あれば便利だ」と言うものを造っていますとおっしゃる通り、使い勝手のいいものばかりです。

この機会に是非ご覧ください。

期間中は私も在廊する予定です。
1年ぶりにお目にかかれればと、楽しみにしています。

木と布と針
2017.5.12(金)-14(日)11:00-17:00
木工屋takuto(木工・鉄)  布布・ふふっこ(帽子) お針子(服・布小物)
————————————————————————————————————————-
skogが閉じられて一年が過ぎました。関わった作家たちは、skog(森)の中の一本の木でした。
そんな想いを『森っぽ』の名に託して、活動を開始します。
森っぽの小さな一歩は、湖畔のGallery Takutoの鉄と木の作品の中に、服と帽子、布小物を並べての作品展です。
皆様のお越しをお待ちしております。
————————————————————————————————————————-
Gallery Takuto
〒520-0105 大津市下阪本1丁目31-12
駐車場 :8台
​江若バス: 石川町バス停 徒歩約2分(JR大津駅/JR堅田駅 発)
最寄駅:JR湖西線唐崎駅 徒歩約20分
090-1225-6241(庵原)/090-5661-8397(津々木)
info.morippo@gmail.com
森っぽFacebook:https://www.facebook.com/morippo2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2017.10.21

仁谷 文代さんとの出会い|紡ぐ・織る・編む・縫う仕事展

仁谷さんがskogの企画展に参加されたのは2010年「ちょっと贅沢な冬の1枚」が最初だった…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る