しまいの月の贈り物-準備編

水戸の坂場圭十さんからお茶碗やマグカップが届きました。

20131210_531461
坂場圭十

1973 茨城県水戸市生まれ
1998 九谷焼技術研修所卒業
山本長三氏「妙泉陶房」に入門
正木春蔵氏「山背陶房」に入門
2002 独立し、郷里の水戸で開窯

坂場さんは九谷で修行をされているので、染付は九谷の特徴が出ていますが、描かれる絵はチョットユニークなんです。
今回は飯碗、マグカップ、湯呑を各20個が入っています。
初めてなので、今回は九谷らしい作品が多かったように思います。

DSC_7988.JPG
初雪ポッケ ボトルとペン先のペンダント
初雪ポッケさんからはペンダントやブローチが届きました。
人気作品は2個ずつ準備していただきました。
これぞ、創作と唸らせてくれるものばかりです。
初雪さんは浅野さんご夫婦のユニット名です。
ご主人の英雄さんは、熊がお好きとか、小さなくまの彫刻が沢山有りました。

今回skogでは初めて、ガーデニンググッズを少し加えました。
テラコッタを見てるとどうしても欲しくなったのです。

DSC_7978.JPG
こんなのや

DSC_7980.JPG
こんなのが入っています。

20131130_518226

しまいの月の贈り物

2013.12/13(Fri)-12/17(Tue)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.24

切絵象嵌陶展 ‐ 宮崎まさのり|2018.6.14~18|ギャラリー象鯨|京都

宮崎まさのりさんはskogでお世話になったニット作家高橋とみえさんのお兄様です。 作品を…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る