素敵な週末|ターナー展 ‐ 京都文化博物館|きょうのおかず ‐ 京都八百一本館

先週末から京都の文化博物館でターナー展が始まっている。
ターナーは初めてその絵を見た時に虜になった。
波濤、空、空気感に引き込まれる。
20年以上前だと思うけれどロンドンのテート・ブリテンにどうやって行けたのか思い出せないけれど、ターナー見たさに一人で出掛けた事がある。
そのターナーの絵を京都で観られる。
思い立って、朝一番に出掛けた。

ターナーは10代で地誌的水彩画家として頭角を現し、20代ではロイヤル・アカデミーの正会員になった。
それを納得させられる絵が並んでいた。
今回は水彩画が中心で挿絵の原画や版画が多かった。
画法が丁寧に解説されているので、水彩を描いてる人には見逃せない展覧会だ。
ただ作品は小品が多く、近づいてゆっくり鑑賞するには人が多く、遠慮すると見にくい。
最後の作品にたどり着くと、どっと疲れた。

京都も久しぶり、展覧会はもっと久しぶり。
肺に空気が入るように心が伸び伸びした。

展覧会名 ターナー 風景の詩(うた)
開催期間・時間 2018年2月17日(土)〜4月15日(日)
10:00~18:00/金曜日は19:30まで(入場は閉室の30分前まで)
場 所 京都文化博物館4階・3階展示室
住 所 〒604-8183
京都府京都市中京区東片町623−1
TEL・FAX TEL:075-222-0888
FAX.075-222-0889
駐車場・
各交通機関
■電車の場合:
・阪急「烏丸駅」下車【16】番出口から高倉通りを北へ徒歩7分
・京阪「三条駅」下車【6】番出口から三条通りを西へ徒歩15分
■車の場合
名神高速道路 京都南ICより約20分
駐車場:駐車場の入口は姉小路通(東行き一方通行)に面しています
●利用時間:9時~20時 約30台(普通車のみ)
(普通自動車)最初の1時間:400円
以後30分毎:200円
■市バス:「堺町御池」下車、徒歩2分
京都府京都市中京区東片町623−1
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。
※お店舗及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時点のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください

ランチは近くのスーパー八百一内にある「きょうのおかず」の限定10食を頂いた。
ご馳走様。

お店情報

店 名 京都八百一本館内(きょうのおかず)
住 所 〒604-8135
京都市中京区東洞院通三条下る三文字町220番地
TEL・FAX TEL:075-223-0801
営業時間 10:00~21:00
ランチ 11:00~15:00
ディナー17:00~21:00(L.O.)
定休日 火曜日
アクセス

■徒歩の場合:●三条通りから5分、●錦市場から6分、●四条河原町から15分
■ 電車の場合:
●京都市営地下鉄「烏丸御池」駅 5番出口から徒歩3分
●阪急京都線「烏丸」駅 21番出口から徒歩5分
■ バスの場合:●市バス「烏丸三条」バス停から徒歩2分
●市バス「四条烏丸」バス停から徒歩5分
■提携駐車場:
●京都市御池地下駐車場:6時から24時 60分/¥500
●きんかくガレージ:7時から24時 平日60分/¥400 土日祝60分/¥500
●六角堂南駐車場:8時から23時 60分/¥500
※税込3,000円以上お買い上げで1時間まで無料、以降30分毎に駐車場の料金がかかります。

京都市中京区東洞院通三条下る三文字町220番地
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。
※お店及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時点のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.23

夏の装い展 – 宮田 幹|2018.6.8~12|ながらの座・座|滋賀

宮田 幹さんは、skogの初期に大変お世話になった作家さんです。 私がskogを閉廊する…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る