胃カメラも税務署も

満開のハーレンベルギア

昨日は冷蔵庫のトラブルで税務署に行けなかった。
こういう書面をいつまでも手元に置くと気持ちが落ち着かない。
ポストに入れるのが簡単だけれど、税務署の判をポンと押して貰うのが快感になる。

そして、今日は胃カメラと腹部エコーの予約日。
1月の検診の結果も今日は分かる。
体調は絶好調だけれど、ここでも医師の判をポンと押して貰いたいもの。
肝臓に小さな袋があるけれど、支障のないものと言われた。
胃カメラは、上手な先生の日を待ったので、2カ月待ちとなったけれど、お陰で楽に終わった。
立派な成績表に担当の女医さんがポンと判をついてくれた。
「中々お伺いできなくてごめんなさいね」担当の女医さんはskogのお客様。
IMG_0487.JPG
スミレ
お昼前にお腹がペコペコで家に帰ると、丁度冷蔵庫の搬入が終わり、立ち会った家人の掃除も終わった直後と言う、ラッキータイムだった。
流石に大きい冷蔵庫で、庫内はガラガラ。
4人で搬入したからと、追加料金¥6480が請求されたそうだ。
聞いてなかったよー。
IMG_0486 - コピー.JPG
桜草

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.1.10

西村 明子作品展|2018.1.20~28|ART SPACE IGE ‐ 三重

西村先生とのお出会いは思いがけない事からはじまった。 galleryの仕事は作家さんと出…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る