若い時の写真は元気が出る。

長姉が若い時の写真を見て元気が出ると話していた。
姉母はアルバムは全部捨てたと言っているので、取り敢えず長姉のアルバムから1枚剥がして持って行った。
驚くほど反応が良かった。
「いくつ頃やろう?」
「ヘアースタイルからして50才過ぎと違う?」
「ふうーん、じゃぁー、あんたは生まれてなかったん?」
「・・・・・・・?」
長姉95才 姉母93才 私?

写真をよく見ると1979年らしい。姉は57才と54才だったことになる。

この写真はベッド脇に立てられた。

姉二人の写真を写してそれぞれに見せている。
お互いに
「元気そうやねー」と言って嬉しそうにつぶやいている。
お互いの存在が大事らしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.24

切絵象嵌陶展 ‐ 宮崎まさのり|2018.6.14~18|ギャラリー象鯨|京都

宮崎まさのりさんはskogでお世話になったニット作家高橋とみえさんのお兄様です。 作品を…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る