姉母語録|集団生活で生きるすべ

姉母の食欲は素晴らしい。
同じテーブルの中では多分一番だろう。
器の底に残ったものは自力では食べられないので、私がスプーンで運ぶとキッチリ食べてくれる。
完食と言うのは気持ちがいい。

その横顔を窺うと、どこを認知症というのだろうかと思える。
「ねえ―、どこまで分かってる?」と私が聞くと。
「何でも分かってるけど黙ってるだけ」と真っ当に答えてくれる。
「何故黙ってるの?」と聞くと。
「黙ってたら人と争うことは無いやろ」と言った。
もう、びっくり。
集団生活の生きる知恵だろうか。

母の写真がベッド脇に置かれている。
姉母は、誰よりも母に似ている。この頃は益々似てきた。
「はるちゃんによく似てきたね.そっくりだわ」と私が言うと、姉は喜ぶ。
90過ぎても親離れをしていない人である。
「お母さん大好きだから、嬉しい」のだそうだ。
自分の子供を持たない姉母は、何時まで経っても子供のままなのだろうか。
私が部屋を出る時は、いつも「気を付けて帰ってねー」が挨拶である。
今は私が母なのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.24

切絵象嵌陶展 ‐ 宮崎まさのり|2018.6.14~18|ギャラリー象鯨|京都

宮崎まさのりさんはskogでお世話になったニット作家高橋とみえさんのお兄様です。 作品を…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る