姉母の入院2ヵ月目 |姉母看護日記

昨日で入院から2ヵ月が過ぎた。
リハビリの西病棟に移ってから、もう直ぐ1ヵ月。
ひまわりの季節になった。

「姉母の根性物語」
胸水が溜まり、CRP(炎症反応)5.0の危機を乗り越えた。
利尿剤の微妙な匙加減を根気よく続けて10日前には、それも終わった。
浮腫みが引くと、体重は38kgまで落ちて、すっかりおばあさんの顔になった。
そろそろ退院の時の洋服を考えているらしい。


この頃は、トイレまで介添えがあれば行けるようになり、歩行器で歩く練習を始めた。
連休中はリハビリがお休みになるので、物足りないとベッドで出来る簡単なリハビリの
図解を頂いて、指先のリハビリに励んでいる。
介護用のフォークが使い良いらしく、食欲旺盛で病院食をほぼ完食出来るところまでになった。
夕方には微熱を出して、脱水症の心配をするときもあったけれど、
今では500mlのボトル1/3位を飲めるようにもなった。

今週の金曜日には、主治医、リハビリのドクター、看護師、ケアマネ、ソーシャルワーカーを
交えて、今後の方針を決める話し合いがもたれる予定である。

これ以上、リハビリが出来ない状態にあれば転院を勧められるけれど、伸びしろがあると認められるともうしばらくリハビリが続くという事になるらしい。
帰りたい一心の姉には、退院は嬉しいだろう。

けれど、一人暮らしはもう限界なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2017.10.15

安高製作所 ‐ 1周年祭 2017.11.10~12|HONMACHI 93

先日に引き続き、安高製作所のお知らせです。 安高製作所の安田奈緒子さんと高山直美さん…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る