戦い済まず、日も暮れず ‐ 高齢者の入院|姉母看護日記

姉母の容態は、良い時、悪い時の波がある。
循環器の先生の見立ては「全て年齢です。」
術後の不整脈も直ぐに治まったから「他所の病院だったらカテーテル検査まではしませんよ」
高齢者の命は随分お安いようだ。
「弁膜症としても、手術できるわけでもないし」他の言いようはなかったのか。

DSC_1036.JPG

リハビリが出来るようになったことは嬉しい。
作業療法と言語リハ、理学療法の3人が次々に病室に来てくれる。
合間に心電図、心臓エコー、胸のレントゲンと何度もベットごと運ばれていく。
姉母はぐったり疲れて血圧が上がってしまった。

DSC_1038.JPG

誤嚥による軽い肺炎で微熱が続いている。
あちらを抑えればこちらが出てくる。
確かに高齢者は入院するとボロボロと色々な症状を示す。
先を考えればキリがない。今日は、考えないで眠ることを優先しよう。

写真は我が家のドクダミ3種 五色、八重、一重
花の白さに惹きつけられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る