さらば、荒野 ‐ 北方 謙三

水滸伝」を読むうちに北方謙三さんに興味が湧き「さらば、荒野」を読んでみた。
解説によるとこの本は北方さんの4作目の本らしい。

やはり、正統派のハードボイルドである。
読み進むとどうも私の好み路線からは外れている。
強い男、ドンパチと拳銃がはじける。
ハードボイルドは女々しくていいと北方さんはおっしゃっている。
最近の作品は外側は女々しく内側に硬い芯を含み読みやすくなっている。
初期の作品は私には未だ手ごわそう。
昨日の新聞に水滸伝17巻が広告されていた。
私の知らない人物が登場している。
気心知れた登場人物だからいつでも戻れると思っているととんでもない事になっているらしい。

そろそろ、本筋の水滸伝に戻らなければ・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

書評・レビューの情報収集

ブログランキングで書評・レビュー関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る